キャバドレスの通販サイトって色々あって迷っちゃう!そんなあなたのためにドレス選びのお手伝い。ひと目で分かる人気ランキングでミニドレスもロングドレスも何でもお任せ。お気に入りの1枚がきっと見つかる!

menu

キャバドレス通販まとめて比較-アゲカワ

キャバクラとは?正しい知識を持ってもっとキャバクラを知ろう!

bun

あなたはキャバクラとは何かと聞かれて、正確に答えることはできますか?

お店にはたくさんの可愛い女の子やキレイな女の子がいて、
お店にやってきた男性のお客様の隣に座って一緒にお酒を飲む・・・。

きっと、ざっくりとしたイメージでしか答えられない方が多いのではないでしょうか。

今回はキャバクラとは何かを、項目別にご紹介します。
(ちなみに、今回は北海道地方での「ニュークラブ」のことを指します。)

<キャバクラって何の略?>

キャバクラとは、キャバレークラブの略称です。
1985年頃から東京を中心に多くのキャバクラがオープンしました。

<キャバクラって何をするところ?>

キャバクラはご来店したお客様に対して、疑似恋愛を提供する場所です。

もちろん、キャバクラで働くキャバ嬢によって営業方法(接待方法)は変わりますが、
基本的にはお客様の話に親身になって笑顔で聞き、ときにはお客様好みの話題をふるなどして
仕事の疲れや家庭での不満などを解消してあげるところです。

<キャバクラで飲めるお酒はどんなもの?>

liquor
キャバクラでは、焼酎・ブランデー・ウィスキーなどが、
「ハウスボトル」として置いてあるところが多いです。
ハウスボトルには料金がかかりませんが、
それ以外のお酒には料金がかかります。
銘柄物の焼酎・ブランデー・ウィスキーに始まり、ビールやカクテル、
少し値が張るワインやシャンパンなどがあります。

<キャバクラで働くキャバ嬢もお酒を飲むの?>

もちろん、成人しているキャバ嬢に限りますが、キャバ嬢もお酒は飲みます。

一杯1000円などでお客様からいただくグラスカクテルを飲んだり、
お客様が入れたボトルもののお酒を一緒に飲むこともあります。

また、お酒が飲めないキャバ嬢は、ウーロン茶をウーロンハイと偽ることもあります。
素直にお酒が飲めないと正直に話すキャバ嬢もいますが、

基本的に、お客様は女の子にもお酒を飲んで欲しい、一緒に飲みたいと思っているので、
そのニーズに答えようとするキャバ嬢が多いのです。

<キャバクラでできることは?>

after

基本的に

おさわりは禁止です。

男性客がキャバ嬢におさわりをしようものなら、ボーイが止めに入ります。
また、反対にキャバ嬢がお客様に性的サービスをするのも禁止です。
あくまでお客様とキャバ嬢が楽しくお酒を飲むことができる場所なのです。

✓point1:同伴

また、キャバクラにはお店によって「同伴・アフター」というものがあります。

同伴はキャバ嬢がお店に出勤する前にお客様とご飯を食べるなどして、
お店の外でデートをしてから一緒にお店に入るというものです。

お店によってはこの同伴をノルマとしているところもありますし、
多くのお店はこの同伴をすることによって大きなバックがもらえます。
同伴をするお客様は、通常料金に加えて同伴料金も支払わなければなりません。

✓point2:アフター

アフターは、お店が営業終了後にキャバ嬢とお客様でデートをすることを指します。
行き先はキャバ嬢やお客様によって変わりますが、カラオケ、バーなどに行くキャバ嬢が多いようです。

ちなみにアフターは同伴と違ってバックが発生しません。

同伴料金のようにアフター料金がかかることがないので、
アフターはキャバ嬢にとってあまりメリットが無いでしょう。

同伴・アフターどちらもお店の外でお客様と会うので、
お店のルールとしてキャバ嬢の身が守られていないので、女性として危険を伴う可能性が少なからずありますが、
その反面、「お店の外で会ってもらえて、自分はこの子に信用されているのかな」と、
お客様に思わせることができるようです。

料金がかかる同伴よりも、アフターをした場合のほうが、
お客様にとっては好印象なのかもしれません。

いかがでしょうか。キャバクラとは何かを、項目別にご紹介しました。
キャバクラと聞いていかがわしいイメージを持っている方は多いと思いますが、
キャバクラはルールが厳しいお店が多いので、一定のラインを超えられない健全な場所ともいえます。

キャバクラで働こうかなと思っている方は、正しいキャバクラの知識を身につけて、
素敵なキャバ嬢を目指しましょうね。
あなたの憧れる、輝かしいキャバ嬢ライフが待っています。

関連記事