キャバドレスの通販サイトって色々あって迷っちゃう!そんなあなたのためにドレス選びのお手伝い。ひと目で分かる人気ランキングでミニドレスもロングドレスも何でもお任せ。お気に入りの1枚がきっと見つかる!

menu

キャバドレス通販まとめて比較-アゲカワ

しつこい「外で会おう」をうまく断る方法。4つのパターン。

キャバクラで働いていると必ずといっていいほど出る悩みが、お客様からの「外で会おう」攻撃です。
もちろん同伴での「外で会おう」だったら利益になるのでキャバ嬢なら嬉しい言葉なのですが、
同伴でなくプライベートで会おうとするお客様が大半です。
プライベートの時間をお客様全員に割いていたら、体がいくらあっても足りなくなってしまいます。
今回はそんな、しつこい「外で会おう」をうまく断る方法をご紹介します。

《いつも忙しいアピールをする》
お客様に外で会おうと言われないためにも、普段から忙しいアピールをしておくべきです。
出勤ギリギリまで時間がつまっている(昼の仕事をしているなど)ことをお客様に伝えましょう
出勤ギリギリまで忙しいなら、出勤時間を遅らせることができる同伴で、とお客様に思っていただける可能性もあります。

《愚痴にすり替える》
「他のお客様にも外で会おうって言われる・・・。」と愚痴にすり替えるのも一つの手です。
愚痴っぽくこぼすことで、嫌がってるのかな?と思わせれば無暗に外で会おうと誘われることはなくなります。
自分が好きな女の子が嫌がることはしたくないですからね。

《途中でぬけ出す》
実際に出勤前に少しだけ会うのもアリです。しかし、長い時間一緒にいてはいけません。
30分から1時間経ったところで、「他のお客様が同伴してくれるみたい!行ってくるね!」と、
あくまで同伴が優先だということ、短時間では物足りないということをお客様に植え付けます。
そうすれば次回からは外で会う誘いではなく、同伴の誘いに変わるはずですよ。

《ハッキリ伝える》
これはかなり、お客様を選ぶ方法なのですが「同伴でないと外では会わない」と伝えるのもアリです。
失敗すると「高飛車な女だ」と思われてしまいがちですが、それぐらい分かりやすく言わないと分からない鈍感なお客様もいます。
是非鈍感なお客様には、同伴じゃないと外では会わないとハッキリ伝えましょう。

いかがでしょうか。お客様からのしつこい「外で会おう」アピールはなかなかストレスですよね。
お客様のタイプによって合う対処法と合わない対処法がありますので、
様子を見ながら対応していくのが良いかと思われます。
また、「外で会おう」攻撃をうまくコントロールすれば同伴につなげることもできますし、
「面倒くさい、うざい」と思わずに、上手に立ち回っていくことをおすすめします。

関連記事