キャバドレスの通販サイトって色々あって迷っちゃう!そんなあなたのためにドレス選びのお手伝い。ひと目で分かる人気ランキングでミニドレスもロングドレスも何でもお任せ。お気に入りの1枚がきっと見つかる!

menu

キャバドレス通販まとめて比較-アゲカワ

こんなお客様にはこの対応を!酔っ払い編

キャバクラに遊びに来るお客様は本当にいろいろなお客様がいますよね。
今回はそんなお客様の中でも、「酔っ払いのお客様」への対応の仕方をご紹介します。

酔っ払いのお客様は、お触りが激しいお客様や暴言を浴びせるお客様よりかは、幾分マシのはずです。
しかし、幾分マシといえど面倒なものは面倒ですよね。

《ノリを合わせる》
キャバ嬢としての基本中の基本といえるような対応の仕方ですが、
酔っ払いのお客様には酔っ払いの対応が一番安全です。
酔っ払っていなくても酔っ払っているフリをしたり、カラオケでお客様がノリノリになっていたら、
自分もそんなノリに合わせてお客様と一緒に楽しんでしまいましょう。

《さりげなくノンアルコールをすすめる》
初対面では、お酒にのまれるタイプかそうでないのか判断しにくいですよね。
酔っ払いのお客様にちょっとしたブレーキをかけさせるためにも、
「顔が真っ赤だよ!ウーロン茶一杯飲む?」などと声をかけて、ノンアルコールをすすめましょう。
正常な思考ができるお客様なら、「ちょっとテンションが上がりすぎたかな」と反省していただけますし、
指名のチャンスがありそうなお客様なら、「この子は俺のことを気にしてくれてる!」と思っていただけます。
お客様の体調を気遣うという意味でも、ノンアルコールをすすめることはポイントが高いですよ。

《新しいオシボリを渡す》
これもノンアルコールをすすめる対応と同じ効果があります。
ノンアルコールをすすめるのは直接的すぎて難易度が高いと感じる方は、
お客様にオシボリを渡して、「飲み過ぎですよ」と遠回しに伝えましょう。
まだある程度の理性が残っているお客様であれば、ハッと気がついて酔いがさめるはずです。

《こっそりお酒を薄めにしてあげる》
会社の上司など、目上の立場の人と飲みに来ているお客様の場合、
飲みたくなくても飲まなければならないこともあります。
そういったお客様が酔いつぶれてしまって、キャバクラが嫌な思い出の場所にならないためにも、
お客様のお酒を少し薄めにつくってあげるのもアリでしょう。
しかし、薄めにつくったことがバレてしまうと、お客様のプライドを傷つけてしまうので、
あくまでもバレない程度に、少し薄めのお酒をつくってあげましょうね。

いかがでしょうか。キャバクラで非日常を味わうお客様は、羽目を外してしまう方も多くいます。
そんなお客様にストップをかけるのも、わたしたちキャバ嬢の仕事です。
楽しい時間だったと思って帰っていただくためにも、
酔いつぶれないようにお客様のお酒を管理してあげましょうね。

関連記事